絶対に必要なことは、「親がOK」であること!

これは、どこのエステサロンでもそうです。
まず、あなたの親権者があなたが脱毛サロンに通うことについて許可していること。

ここをクリアしていなければ、どの脱毛サロンにも行けません。

それはやっぱり、脱毛という施術があなたの大切な体を扱う作業だからです。
未成年でいる間は、保護者の許可が必要になってくるのです。

親にきちんと説明するためにも、脱毛サロンをチェックしておきましょう

エステの脱毛って、どんなことをするのかな?
まず、あなた自身がそのことについて分かっていなければ、親の説得もできませんね。
未成年でも、気軽に通える脱毛サロンをいくつか紹介してみたいと思います。

私は未成年ではありませんが、脱毛サロンをいくつか体験しています。
私の口コミ体験談も紹介しますので、参考にしてみてくださいね♪

ミュゼプラチナム

私は今、ミュゼの「両ワキ脱毛完了コース」に通っています。

ミュゼ脱毛10回目が終わって、全くお手入れナシで3ヶ月経った時の状態です。

ミュゼは「勧誘なし」が売りの脱毛店、私も勧誘されたことは一度もありません。
個人差はあるかもしれませんが、私はミュゼ脱毛で、痛みは全く感じません。
脱毛完了コースは、いつまでも通えるので、今では気分転換も兼ねて時々通う程度です。

ミュゼ公式サイトです

高3女子(未成年)の場合

最短の方法は、お母さんと一緒に無料カウンセリングへ行くことです。
カウンセリングで納得したら、同意書に署名捺印をして、次回の予約まで入れて帰ることが出来ます。

親の同伴が無理な場合、ミュゼの無料カウンセリングに行き説明を受けます。
同意書をもらい帰宅⇒親に署名捺印してもらってからまたミュゼに持って行きましょう。
その際に、ミュゼから保護者に確認の電話が入ります。

エピレ

脱毛エステサロン
私は、エピレでひざ下脱毛体験したことがあります。

3回だけの脱毛でも、剛毛のスネ毛がかなりキレイになりました。

エピレの脱毛も、痛みを感じることは全くなかったです。
脱毛を続けた場合のお得な料金プランの説明はありましたが、勧誘されたというほどではありません。

エピレの公式サイト

高3女子(未成年)の場合

ミュゼと同じく、母親同伴でエピレの無料カウンセリングを受けるのが一番スムーズです。
無理な場合、エピレも親の承諾書が必要です。
⇒こちらでダウンロードしたものを使ってもOK!

エピレに承諾書を持参⇒エピレから保護者へ確認の電話、という流れになります。

気になるエステの無料カウンセリングへ、足を運んでみましょう。

無料カウンセリングを受けたからと言って、契約しなければならないなんてことはありません。
エステの方でも、あなたが未成年ということで、脱毛についてキチンと説明してくれるはずですよ。

少しでも興味の持てるエステサロンがあるなら、一度行ってみるといいですよ。
実際に店内の雰囲気や、スタッフの態度をチェックできますからね。
カウンセリングで不安や疑問を解消してから、どうするかを考えてみればいいと思います。おすすめ⇒永久脱毛天神